オアシスのパナホームとの成功裏の対話

 

パナソニックによる上場子会社パナホームの最近の買収の件は、アルプス電気によるアルパインの買収と類似点が多くあります。

パナソニックは、当初パナホームを公正価格より大きく下回る価格で買収しようと試みました。その後、オアシスはパナホーム株主を保護するパブリックキャンペーンを始めました。徐々に大きくなる株主の声がきっかけとなり、パナソニックは、株式交換契約から20%買付け価格を引き上げたうえで現金による公開買付けに切り替えました。

しかしながら、オアシスは、この価格についても十分な水準ではないと考え、日本の裁判所を通じて価格決定の申し立てを進めています。

更なる詳細については、www.protectpanahome.com をご参照ください。

Stock Price Movement.jpg