株主は不公正な価格での合併に反対の意を唱えることで、合併を阻止することが可能であり、また実際に阻止されるでしょう。

現在の合併価格ではアルパインは著しく過小評価されています。しかし提案されている条件下での合併は阻止することが可能であり、また実際に阻止されると考えられます。

 

否決のためには2018年12月の臨時株主総会においてアルパイン株主の3分の1の反対で十分ですが、この数値を大きく上回る反対株主が存在します。

 

-          直近の定時株主総会では30%弱の株主がアルパイン経営陣に反対し、Oasisの株主提案を支持しました。これらは合併に対する暗黙の反対を意味します。

 

-          定時株主総会後に反対株主がアルパイン株式を買い増す動きが強まっています。

 

-          当社では、アルパイン株主の42%以上が現在の株式評価に基づく本件合併に反対すると予測しています。

 

アルパインの自覚を促すためにできることは?

 

a.       あなたの証券会社や証券保管機関と相談し、基準日までに保有株式の自己名義への振替を行い定時株主総会で議決権が行使できるようにして下さい。

 

b.       アルパインに対してあなたの保有持分、現在の株式評価に基づく本件合併 に反対する旨、そして可能であればあなたが考えるアルパインの公正価格を記載した手紙をお送りください。

 

公正価格は?

 

当社は株式価値評価の独立専門家であるBVCJ[1]とZecoo Partners[2] に公正価格帯の計算を依頼しました。

 

-          Zecoo Partnersの評価価格帯の最低値は一株当たり3,774円でした。

 

-          BVCJの株式評価は直近の公表予想の上方修正や、それを更に上回る結果の発表前である2017年11月1日現在のものでしたが、評価価格帯は一株当たり3,965~6,734 円でした。

 

[1] http://www.bvcj.co.jp/

[2] https://zecoop.com/

 

 

 

あなたは、この事に関して何ができるでしょうか?

 アルパインの少数株主は、アルパインとアルプス電気の提案を拒否し、公正な取引を求めましょう。弊社では、次のようなことを推奨します:

 アルパインとアルプス電気に宛て、株式交換比率に対する不服の意思表示を行う手紙を送りましょう

  1. 以下のリンクにて登録を行うことで、オアシスから最新情報を継続して受け取ることができます
  2. 2018年12月中旬の株主総会へ出席しましょう-証券会社や証券管理会社に保有株式がご自身の名義であることを確認しましょう。そうすれば、株主総会へ参加できます。
  3. 弊社と話し合いませんか?皆様のお考えをお知らせください。弊社は、皆様からのご連絡を心待ちにしています。弊社コンタクト先は、protectalpine@oasiscm.com となります

       最新情報を受け取るために登録する