Alpine Shareholders deserve a FAIR DEAL

Hitachi’s sale of Clarion proves what the fair price is for Alpine.

It is at least 2.5x what Alps want to pay you.

Do Not Vote for the Merger!

As at October 30, Alps is trying to buy your stake in Alpine at LESS than JPY1,700! That is less than Alpine’s stock price before the deal was announced and before it revised up its earnings three times!

Alpine continues to beat its earnings forecasts and yet is trying to force minorities to accept a lower and lower offer from Alps

Alps and Alpine’s management are working together against Alpine’s minority shareholders

Don’t let them get away with it

The Clarion deal proves that your stake in Alpine is worth at least 2.5x what Alps wants to pay you

***

On Oct. 26, Faurecia announced it will tender for 100% of Clarion at a valuation of 11.2x EV/EBITDA. That implies a price of JPY4,731 per share for Alpine, more than 2.5x the amount Alps is offering. The Clarion deal is a real-world example and true reflection of the fair value that should be applied to Alpine.

The Clarion deal is a watershed moment in this long saga. It proves what a true third-party buyer is willing to pay for Alpine in this period of transformation and the growing importance of infotainment hardware and software.

  • The valuations used in the Clarion transaction are a better indication than stock market prices, which only indicate what minority, small and non-controlling stakes are transacted at

  • They are better than discounted cash flow analyses, which are highly sensitive to theoretical assumptions and figures (let alone ones which include highly questionable figures and assumptions!)

 

Implication of the Clarion deal

The Alps offer is well below every single one of the Clarion-deal implied multiples. This shows just how low the offer for Alpine is:

clarion 1.PNG

If Alpine insists on a merger with Alps, then we must demand a higher price for minority shareholders.

Based on the Clarion deal, Alpine’s shares are worth between JPY4,731 and JPY12,061 per share:

Capture 2.PNG

There are alternatives to a merger with Alps

If Alps refuses to change the price, Alpine should cancel the merger. Alps is not the only option out there, and Alpine must not be held to ransom when it has so many other excellent opportunities at hand.

Alps’ current offer values Alpine as a bankrupt company with no future. This could not be further from the truth!

Alps’ offer is so low that there is no downside or risk to rejecting the merger. In fact, we believe that Alpine’s stock price will increase if the deal is rejected.

The acquisition of Clarion should prompt Alpine’s management to look at alternative partners who will add more value than Alps. Partners such as Faurecia, one of the largest Tier 1 auto suppliers, would help expand Alpine’s reach.

We call on Alpine’s management to postpone the EGM and work with minority shareholders to pursue alternative partners to Alps that would offer more attractive growth opportunities for Alpine and a higher valuation for minority shareholders.

If Alps truly values Alpine at such a discount to its fair value, then it should be more than willing to “go shop” Alpine to alternative buyers and generate far more cash for themselves – a win-win for everyone.

clarion 3.PNG

アルパインの株主は、公正な対価を受け取るべきです

日立製作所によるクラリオンの売却が、アルパインの公正な価値を示唆しています

その価値は少なくともアルプス電気が提示している金額の2.5倍に相当します

現在の条件下での経営統合には決して賛成しないでください!

 

10月30日現在、アルプス電気はアルパインの株式を1株あたり1,700円を下回る価格で、買収しようとしています。これは、アルパインが業績上方修正を3度も発表する以前で、かつ経営統合が発表される以前の水準です。

アルパインは公表した業績予想を超過し続けています。しかしながら依然として、アルプス電気が提示した従来の低いままの価格を少数株主に受け入れるよう強いています。

アルプス電気とアルパインの経営陣は共同でアルパインの少数株主の利益を害する行動をしています。

決して彼らの行動を見過ごすようなことがあってはなりません。

類似会社であるクラリオンの売却案件を指標とすることで、少数株主が保有するアルパインの株式価値は、アルプス電気により提示されている価格の少なくとも2.5倍に相当することが示されています。

***

10月26日に、仏自動車部品大手フォルシアは、クラリオンを100%子会社化するために株式公開買い付けを発表しました。その際の買い付け価格は、EV/EBITDA倍率で11. 2倍に相当しました。この株式評価は、アルパインの株価が1株当たり4,731円、アルプス電気が提示している価格の2.5倍以上に相当することを示唆していますクラリオンの案件は、競争原理が働いた結果の真の価値を示す例であり、アルパインに当てはめるべき真の公正価格を反映していると言えます。 

 

クラリオンの案件の公表により、一連の長い対話の中で、大きな転機に差し掛かったと言えるでしょう。真に独立した買い手によって、業界の転換期におけるアルパインをどのように評価するか、そしてインフォテインメントに関連するハードウェアとソフトウェアの重要性が更に増していることが明確に示されています。

 

·         クラリオンの案件に採用された株式の評価は、市場の株価よりも優れた指標であり、少数株主の持ち分が取り扱われるべき唯一の指標です。

·         また、理論的な前提や予想数値で価値が大きく変化するDCF法より優れています。(同社の価値算出に用いられている前提や予想数値に疑問を抱かざるをえない数値が含まれていることは言うまでもありません!)

 

クラリオンの案件が示唆すること


どのような株価の評価指標で比較したとしても、アルプス電気が提示した価格は、クラリオンの買収に提示された価格をはるかに下回ります。以下は、アルパインに対して提示された価格がどれほど下回っているかを示したものです:

clarion jp 1.PNG

もし、アルパインがアルプス電気との経営統合を主張し続けるのであれば、弊社は全ての少数株主のためにより高い価格を要請しなければならないと考えます


クラリオンの案件における評価指標の倍率を適用すると、アルパインの株式は1株当たり4,731円から12,061円の価値があることを示しています:

clarion jp 2.PNG

アルプス電気との経営統合以外の選択肢

 

もし、アルプス電気が提示価格の変更を受け入れない場合は、アルパインは経営統合を破棄すべきです。アルプス電気のみが選択肢ではなく、他にも優れた機会を探る可能性がある中で、アルパインはそこに固執すべきではありません。

 

アルプス電気により現在提示された価値は、アルパインを将来性がない倒産企業のように評価しています。これには真の価値が全く反映されていません!

 

アルプス電気による提示価格はあまりに低すぎるため、仮に経営統合を破棄したとしても、株価が下落するリスクはほとんどないと考えます。弊社では、実際にもし統合が却下された場合にはアルパインの株価は上昇するであろうと予想しています。

 

クラリオンの買収事例は、アルプス電気以上により高く評価するパートナーを探すことを、アルパインの経営陣に促しています。フォルシアのような、ティア1の大手自動車部品会社をパートナーとすることで、アルパインはより多くの顧客へ接点を持つことが可能となるでしょう。

 

弊社は、アルパインの経営陣に対して、臨時株主総会の延期を要請します。そして、アルパインにとってより魅力的な成長機会と価値を提供できるパートナーを追及するよう他の少数株主と共に働きかけます。

 

もし、アルプス電気がアルパインをこれほど割安な価格で本当に評価するのであれば、アルパインをより高い価格で評価する買い手に売却することで、より多くのキャッシュを生み出すことが可能となり、すべての当事者にとってWin-Win(ウィンウィン)の関係が成り立つでしょう。

clarion jp 3.PNG